読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

whkr’s diary

本業はこちらです→http://b.hatena.ne.jp/whkr/

おすすめの結月ゆかり実況(Minecraft、スプラトゥーン除く)

最近、ニコニコ動画で追っている結月ゆかり実況動画が増えてきたので、私がRSSで購読している(していた)中から一部を紹介していこうと思います。

結月ゆかり実況とは、

ゲームのプレイ映像にVOICEROIDである結月ゆかりの音声を加え、あたかも結月ゆかりが実際にプレイしているかのように実況をしたり、プレイ内容の案内や解説をしている動画です。
ニコニコ大百科「結月ゆかり実況プレイ」より)


なお、ゆかり実況といえば題材には『Minecraft』が定番となっていますが、一本のゲームに対して動画の数が多すぎる上に、ゲーム内容もいまいちよく分かっていないであまり見ていません。細かいところがわからなくても楽しめるきゆみやまさんの動画は好きです。
『スプラトゥーン』の方は、別記事としてアップする予定です。

まずは有名どころの豚野郎さん

取り上げるゲームの種類の豊富さと更新頻度から、現在の結月ゆかり実況シーンのトップランナーと言っても過言ではないでしょう。

結月ゆかり「突然ですけど私、○○(パン、ヤギ、イカetc)になりました!」
ゆっくり霊夢「この人いきなりなに言ってんだ…」
弦巻マキ「なろうと思って簡単になれるものじゃないぞ」
(ここまでテンプレ)

続いて、少し古いけど『ゆかりフィールド3』

プレイするゲームは『BATTLE FIELD 3』。棒読みで繰り出される「うわあ」「痛い痛い」「しゅーり、しゅーり」などのセリフに中毒性がある。
そして、シリーズが進むにつれ下ネタが多くなってくる。
続編に『ゆかりフィールド4』もあります。

投稿者のpipoさんは、今は主にMagic the Gatheringのオンライン対戦やってるんだけど、私が新しいカードをよく知らない*1のであまり見ていません…。


そして、プレイ動画界隈では一番好きなkittyguyさん

この人のプレイ動画は、すっとぼけたナレーションの生み出す独特の間がなによりの魅力である。

結月ゆかり実況はこちら。題材はスペースオペラものの『X Rebirth』。バグや謎の仕様にさりげなく悪戦苦闘しながらもゲームを楽しんでいる。

ゆかり実況ではないけれど、『Oblivion』メインクエストのRTA(早解き)は傑作です。PART3のアクシデントでついたあだ名が「レタスの人」

Steamで買ったままプレイしていなかった微妙なゲームを消化していく『積みゲー帝国』など、ゲームのセレクションが独特なのも魅力の一つである。
「コレヲヤリナサーイ」


注目株『結月ゆかりと○○』

デフォルメされたキャラのしぐさがかわいらしい。動画を上げるにつれ編集とストーリーのクオリティが上がっているので、これから要チェックである。

待つ価値のある『結月司令のXCOM不可能攻略』

スパロボシミュレーションゲームの『XCOM:EnemyUnknown』を最高難易度で、出撃ユニットをランダム選択という縛りプレイ。オリジナルのゲームにはない、追加されたストーリー、ユニットのキャラづけ、動画の編集とどれもかなり凝っていて見ごたえがある。
最終更新が一年半以上前だけど、少しずつ作ってはいるらしいので期待して気長に待っています。

総出でワイワイ『BFHでガンガンいこうぜ!』

ちょいエロ。キャラが7人もいて賑やか。オープニングで流れる『秘密警察』は曲が結構好きです。

まさかの『Postal 2』実況

グロゲーかつバカゲーとして有名な『Postal 2』に結月ゆかり実況がつくとは思わなかった。
しかも実況の毒舌が、ゲーム内容のインパクトに負けてないのがよかった。

ゲーム以外でも、

8/23~30に投稿されたvoiceroid非実況動画祭の動画もたくさんありますので、興味のある人は見てみてください。私もチラッと見たら「えもふり」動画がすごかったです。

もし「この動画すごいぜ」みたいなのが他にもありましたら、コメント欄やブコメで教えてもらえると幸いです。

それではご視聴、ありがとうございました。

*1:知っているのはメルカディアンブロックまで